独占業務資格、
いくつ知っていますか?

資格取得お役立ち情報

歯科医関係の資格

歯に関する仕事

まず最初に紹介するのは、歯科医関係の仕事です。これは何となく知っている人は知っているでしょう。人間の歯を治す人、もしくは歯を矯正したり補強したりする業務を行う人、様々ありますがそれらは全て独占業務資格として認定されています。デンタルケアに関しては子供の頃から私達の生活において最も始めて両親から注意されることではないでしょうか。歯は一生ものですから、大切に扱って虫歯がで内容に毎日歯磨きするということを厳しく言われた人、もしくは継続していわれている人もいるでしょう。その歯に関する手入れを怠ったことで虫歯が出来て治療することになった、などと幼年時代においてはよくある出来事ではないでしょうか。そんな歯科医関係の仕事の中でも特に今回は三つの仕事、それらをするために資格について話をしていくことにしましょう。

転職したい貴方へ

歯科医師

まず始め紹介するのは、これは言うまでもありませんが歯を治療してくれる『歯科医師』さんです。治療といっても歯だけではなく、口腔内の衛生環境を維持してくれることを主業務として行なってくれます。こちらもそんな独占業務資格の一つとして認定されています。またこちらの職種は『名称独占資格』としても認定されているのです。

『名称独占資格』というものは、歯科医師の資格を有している人以外はこちらの職種の名前を商業的な意味合いで利用することが出来ない資格として認定されています。これはアレです、開業するときに看板などでこの歯科医師という名前を利用するときに資格を有していないと利用することができないというものです。色々と誤解を招くことになりますね、資格を持っていないのに所狭しとこの歯科医師という看板があったら紛らわしいですから、独占しておかないと色々と厄介なことになりますね。

仕事内容に関しては改めて言うこともないでしょう、こちらの資格は当然国家資格となります。この資格を有していれば歯科医師として活動することも出来ますが、その活動方法は主に二種類あります。一つはどこかの総合病院で勤務するか、もしくは開業するかのどちらかです。独占業務資格といってもその資格すべてが独立を許可されているものとなっているわけではありません。中には独立しても単独では業務を全うすることが出来ないということもありますから、そんな資格を取得しても生計は立てられませんね。こちらの歯科医師に関しては独立を許可されているので、ゆくゆくは自分の店を構えることができるようになります。

資格を持っているとある種の資格になれば税金を治めなければならないということになります、特にこの独占業務資格に関してはそのほとんどが免許を取得しているなら税金を納める必要があるのです。こちらの歯科医師もその対象となっていまして、納める税金の額としては『60,000円』となっています。仕事柄を考えるとそこまで高いとは感じない額かもしれませんが、資格を持っていない人からすれば高いと感じるかもしれませんね。でもこれを払えば医師として活動することが出来ていると考えれば、安いものでしょう。

独占業務を更に詳しく!

尾崎ランド株式会社が全力でサポートいたします!ファミリー型、ワンルーム型、ペットっと共生型、インターネット設備など…ご要望はすべてお知らせください!

歯科医師としての資格を取得するには

歯科医師としての資格を取得するにはもちろん試験を受けて、受験に合格する必要がありますが国家試験ですから簡単なわけありません。現在までの合格率としては全体の70%前後となっているところを考えると高いほうなのかなと思いますが、その受験者のほとんどが現役の学生だと考えたら納得もいくのではないでしょうか。

実際、この歯科医師としての試験を受験するための資格としては次のような条件をクリアしておく必要があります。

  • 大学において正規の医学課程を修了しているもの
  • 歯科医師国家試験予備試験の合格者で1年以上診療、口腔衛生に関する実地訓練を行なったもの
  • 外国の歯科医師学校卒業者、もしくは歯科医師免許取得者で上記の条件と同等以上の学力・技能を有していると判断されたもの

となっています。まずこちらの試験を受ける際には予備試験を受ける必要があるケースもあるみたいですね、ではそのケースも見てみましょう。

  • 歯科医師国家予備試験を受けるためには、外国の医学校卒業者、もしくは医師免許を得たもので、厚生大臣が認定したもの

上記のような人が試験を受けることが出来るわけですね。予備試験はどちらかといえば海外で歯科医師としての勉強を積んでいる人のための試験と考えられます。それ以外の日本で医師学校を卒業している人はそのまま本試験を受けられます。これを見るだけでも分かると思いますが、やはり医学部を卒業していることが最低限の条件になります。予備試験が受かれば受験することも出来ますが、正規のルートとしてはやはり順当に医学部に進学してそこで勉強を摘んでおくことでしょう。これは特別歯科医師に限ってのことではありませんね、その他の医師も医学部を卒業しておくことが必須ですから、やはり難関であることには変わりはありませんね。

試験内容を見てみると、一般人からしてみれば普通に見ても一体どういう内容なのかという試験となっていますが、まぁ難しいということが分かれば良いのではないでしょうか。これはあくまで私が歯科医師として目指しているという視点ではなく、どういう試験なのかということを調べているという観点から書いているので、将来的に受験することを検討している人はきちんと内容を把握しておく必要がありますから、そのあたりはきちんと把握しておかないといけませんので調べておきましょう。

試験は毎年2月の上旬くらいに2日間に分けて行なわれています、筆記試験と実技試験ですね。改めて言うまでもありませんが、この二つを突破すれば晴れて歯科医師としての資格を取得することが出来るわけですが、もちろんこの先に研修やら何やらが待ち構えているのでこなしてからようやく、独立するか勤務医になるかを検討することになります。まぁ考えなくても普通はどこかの病院に勤務することが基本ではないでしょうか、いきなり開業するのはよほど腕に自身がある人でないと出来ないですし、それに歯の治療を行なうことになる機材にしても高額になるとよく言われていますから資金面などの問題も生じてくるでしょう。

歯科医師に限ったことではありませんが、医師関係の仕事をしている人のほとんどが家柄的に医師を仕事として行っている家計の人が多いのでは、という印象があります。医学部自体簡単に入れるような甘い環境でもありませんから、英才教育として今まで教育された人が多いのではないでしょうか。まぁこれはあくまで個人的な考え方となっていますから、参考にならないと思いますので、そこまで沖になさらないで下さい。