独占業務資格、
いくつ知っていますか?

資格取得お役立ち情報
そんな時代の流れに伊豆 不動産の尾崎ランド株式会社は対応してまいります!ライフスタイルが多様化している現代のお部屋選びは、人それぞれの希望があります。

船でのお仕事

船で料理をします

続いての独占業務として紹介する資格ですが、こちらも調理に関する資格の中で保有している人間だけだ行なうことのできる業界でも本当の意味で限定的な仕事が存在しています。それが『船舶料理人』という資格となっています。船で調理をする人の資格というのがあること事態が驚きなのですが、それがなんと国家試験で独占的に業務を行えるものだというのは知らなかったです。てっきりフェリーなどの客船の中で用意されている調理師というものは、普通に調理師として活動している人が船で料理をするために乗り込んでいるとばかり思い込んでいたのですが、そうではなかったのですね。船舶料理人という業界内でも、そして料理をするところについても非常に限定的な仕事ですね。まさか船で商業目的で利用されている船の中で調理人が船で料理を振舞うためには、きちんとした資格として国から指定されていることの方が驚きです。もちろん民間の、普通に旅行などで利用している船の中にまでそんなお堅い条件が突きつけられるということはありません。きちんと船舶料理人として活動できる人間が乗船している事が条件となっているのは、以下の通りとなっています。

  • 近海区域の支援用区域を航行区域としている総トン数1000トン以上の船舶
  • 第3種十行制限のある総トン数1000トン以上の漁船における調理業

というような場所で作業を行う場合には船舶料理人としての資格が求められることになります。1000トンの船ってどのくらいの大きさだろうと思うと疑問に思うかもしれないので簡単に例をあげて見ますと、海上自衛隊などが巡洋艦として使用しているものと考えれば何となく想像がつくと思います。

つまりは、ほとんどの船で調理をする場合には船舶料理人としての資格が求められるということになります。こうやって調べてみると分かると思いますが、この仕事というのも中々に奥が深いということが分かります。テレビなどのドラマで展開されているようなことを、現実の自分たちに当てはめて実行するとしてもその前にまずはそこで修行すること、その後に国家資格としてこちらの船舶料理人としての資格を取得しておかなければいけないのです。

転職したい貴方へ

受験資格について

船舶料理人としての資格を受験するにも、その前に受験資格を満たしておかないといけません。日本が用意している資格の中には年齢やその他の経歴が不問となっている誰でも受けられる資格というものがある一方で、かなり幅を限定されている場合もあります。その縛りという縛りはこの船舶料理人を受験する際にしても影響を及ぼします。具体的な資格としては、以下の通りとなっています。

  • 20歳以上
  • 試験日から遡って10年以内に船舶に乗り込んで1年以上専ら調理に従事した経歴を有しており、2名以上の船長から調理能力を証明されているもの。
  • 外国人が船長の場合には、船長に加えて日本人船舶職員から調理能力を証明されていること

試験を受験するためには、まずは成人として社会的に自立していること、さらにその次には実際に船に乗り込んで一定数の時間調理に従事している経験を持っていること、そしてその調理の腕を船舶に在中している船長が認めていること、船長の認めた数が2人以上であることなどという風に細かな条件が設定付けられているのです。こうやって見てみると、何だか少し面倒な気もしなくないですがやはり船という状況で料理に関する事件が発生した場合にはどうしてもそれなりに責任というものが付いてくるのかもしれません。さすがは国家試験ということでしょうか、その幅に関しては感服するというほどになります。

独占業務を更に詳しく!

ブラジリアンワックス | ブラコレ脱毛の方法 脱毛する部位に温めたワックスを塗ります(脱毛しやすくするため、ワックス前にパウダーやオイルを塗ることもあります)

船舶に乗り組む衛生管理者という資格

ここで少し船舶資格について番外編をあげておきましょう。その資格というのは『船舶に乗り込む衛生管理者』というものがありまして、こちらは船舶に乗り込んで、船員の健康管理はもちろんのこと、作業環境の衛生状態や居住環境衛生、食料や用水の衛生保持などを行なう船舶内の衛生のプロとしての資格というのも存在しています。先ほどの船舶の料理人という資格と考えた場合には、こちらの資格に関してはかなり重要度が高いですね。密閉された空間で何が起こるかわからない状況で、もしも食中毒なんてものが起きてしまうようなものならそれこそ恐ろしいものです。そういう意味で、この資格を所有している人は、船舶の料理人を担当している人を監視しているという役割を担っているということになります。

そんなもの必要ないのでは、と思いますが衛生環境というのは突然狂ったりするものですから、油断大敵だったりします。

この資格に関しては医師としての資格を保持していなくても所有することは可能となっていますので、船舶での仕事を希望している人はこの資格を所有しておけば割と困ることはないのではないでしょうか、と個人的な意見を述べみます。