独占業務資格、
いくつ知っていますか?

資格取得お役立ち情報

動物のお医者さん

獣医にも種類があります

次に独占的に業務を行なうことのできる仕事としてあげられるのは、こちらも医療となっていますが人間を診療するのではなく、動物を診療する『獣医』さんです。獣医さんも現状を考えたらそこまで数が多いとは言えないんですよね。ペットを飼っている人はよく分かると思いますが、必ず獣医さんを探す羽目になるという経験をしている人が多いと思います。時には近所に獣医さんがいなくて生死の境を彷徨うことになってしまったという苦い思い出を持っている人もいるでしょう。動物を飼っている人から考えたらもはや探すのも少し骨が折れる獣医さんですが、こちらも仕事としては独占的に業務を行なうことになり、また名称も『獣医』に関連するものを独占的に使用することが出来ます。

転職したい貴方へ

ここで少し調べてみると、獣医といっても職種によっては扱う畜産が違っているということもあるのです。ではどのような職種があるのかということを、まずは簡単に並べて見ましょう。

臨床獣医師
一般的な動物である猫や犬などを扱うことになる『小動物臨床獣医師』、農村地帯で商業的に飼育されている動物達を対象にした獣医として活動している『産業動物臨床獣医師』、また馬を専門的に扱ったり、動物園や水族館に展示されている動物を対象にしている、あるいは製薬会社などで実験動物として飼われている動物達のための獣医など、民間から商業に掛けて様々な範囲で利用されることになる動物達の診療を主としている。
国家公務員としての獣医師
獣医色の中には公務員として活動している人も存在しています。その中でも国家公務員として活動している人たちについては勤務先で動物に関する予算や法律関係などを行なう事務的な仕事ばかりをこなしているので、資格を有しているが動物をほとんど見ることがないといいます。こんなものは獣医とは呼べませんね、これこそただのお飾りでしょう。ではこのような国家公務員として活動している獣医師の仕事としては、検疫所などで海外などから動物を介して侵入することになる感染病などが流出することを未然に防いだりする業務となっています。獣医といっても色々あるんですね、個人的に認めませんが。
地方公務員としての獣医師
地方公務員としての獣医として活動することになった場合は、実はかなりのハードな業務スケジュールが求められることになります。例えば本庁で勤務していたとしても、保健所への異動を命じられ、現場に到着したら直ぐに業務に取り掛かるということをしなければならないといいます。また、地方公務員として活動する場合には衛生面に従事するか、農政面に従事するかを最初の時に選択してその後の業務も異なってくるそうです。共通して言えることは、どちらも異動という現実からは逃れることができないということです。獣医学に関しては常に細心の情報を手に入れておく必要があるという側面もあるため、他分野を専門としている職員とのコミュニケーションも必要となってきます。仕事のハードさということを考慮したら、こちらの地方公務員として活動するのは相当の苦労を要することになります。国家公務員と同じく、動物に触れ合うことがほとんどないそうです。こちらの地方公務員に関しては重要性があると思うので認めますが、それでも動物と触れ合わない獣医がいて良いのだろうかと疑問符を抱いてしまいます。

獣医といっても一言ではその仕事内容も職種も分かれていることは分かりましたが、公務員として活動している人の必要性があるのでしょうか。あるのかもしれませんが、そういう作業をする人間こそ現場で活躍している人がきちんと管理しなければならないのではないでしょうか。これでは公に獣医師としての資格を持っているからといっても、もしもそのようなお役所仕事しかできないような人からアドバイスを受けても安心なんてできませんね。滅多に遭遇するようなことはないと思いますが、まずそんな人は普段から動物と接しているわけではないですから、そのような仕事に携わることもないでしょう。

さて、この公務員として活動している獣医師についてですが、こちらも人手不足が問題となっているそうです。こんなこと別に書く必要もないでしょう、ただでさえ私たちが飼っている動物達の獣医の数も不足しているというのに、公務員として活動している獣医師が少なくなっているというのは言うまでもありません。簡単に説明しましたが、公務員として活動する場合には、その過酷過ぎる労働条件に耐えられないでしょう。今は獣医を志望している学生も少なくなっている状況の中では、公務員として活動している獣医師が年々深刻な人手不足となっているのです。これを改善するには、やはり労働環境を改善することが求められているということが最優先事項なのかもしれません。

独占業務を更に詳しく!

獣医師の資格を取得するには

何だかやるせない気持ちになりましたが、やはり動物達の健康を守ることを本当に心から考えている人がいるということを信じて、話をしていきましょう。現状では人手不足として嘆かれていますが、それでも動物達を助けるような環境で働きたいと願っている人ならこの資格を取得していただきたいと思います。こちらの資格も医療に関係している資格となっているので国家資格となっています。ですが獣医の仕事としてはもちろんペットの病気の治療を主業務として行なっていますが、それ以外にもペットの飼育方法を指導するという側面もあります。意外と多いんですよね、躾が出来ていない人がたくさんいるから、中にはこんな我侭なペットは見たことがないということもあります。動物の臨床医としての面も兼ね備えているので、やはり資格を取得するのは困難でしょう。獣医師としての資格試験を受験資格に関しては、基本的には先ほど申し上げた歯科医と似ています。つまりは歯から獣医学に変わったということだけです。

今後ますます獣医師の数は減少していく傾向になると思いますが、その主な原因として起因していくことになるのはやはり動物に触れ合う機会が少なくなっていることではないでしょうか。また触れ合うことになっても、動物を生きているという意識を持って接しているのではなく、一つの道具としてみている人が多くなっていることも考えられます。そもそも猫や犬のことを生きているとは見ていない人が多いのではと感じるときもあります。そんな人たちの考えは私には理解できませんが、それも恐らく動物というものの存在をきちんと教えてくれる人が周囲にはいないのが一番強いのかもしれません。もしくは労働環境が良くないと考えている人も中にはいると思いますが、そんなことをいったら仕事自体ができなくなってしまいそうですね。とにかく、今後もペットを飼う人は増加していくことは確実ですから、国としては動物達も安心して暮らせるような社会と、動物達を育成する人材を育てることも強化してもらいたいところです。