独占業務資格、
いくつ知っていますか?

資格取得お役立ち情報

出産をお手伝いする人

女性限定の国家資格

折り返し地点に来ましたね、どんどん行きましょう。次にご紹介するのは、女性限定で取得することのできる資格である『助産師』について話をしていきましょう。医療という技術がまだ発展してないときには、この時代においてはこうした自宅での出産を行なっていましたが、現在ではきちんと産婦人科で出産をしている人がほとんどとなっているでしょう。そもそも現在の日本で自宅でのお産を経験しているという人は一体どれだけの人がいるんでしょうか。これは特に若い世代に共通して言えることかもしれませんが、中々自宅で出産をするという発想自体生まれるとは思えないですね。自宅だと自分たちで何かと用意しなければならないことがありまし、もしもの事態の際には対処するにも設備が用意されていませんから、色々と危険が伴ってしまうでしょうね。調べてみるとお産の最中に緊急事態が発生するなどのことが合った場合には、すぐさま提携病院でのお産に切り替えるという迅速の対応をすることにもなる場合があります。

自宅出産というものに憧れてしようと希望している人がいてもおかしくはないと思いますが、自宅出産をするまでの経過としては、体調になんらかの異常が出ない場合が大前提となっています。また、双子や逆子といった出産時間が大幅に掛かる場合に関しても取扱うことはないとしていますから、やはり簡単に自宅出産を決行するというのはできないということになります。動物の出産とはまた違いますからね、動物の出産にも赤ちゃんが出てこなくて詰まってしまい、母体ともに危険な状況になってしまうということもありますから、それを人間のケースで考えたらやはり危機的状況は避けるようにしなくてはいけないでしょう。

転職したい貴方へ

助産師の歴史

現在では助産師は立派な独占業務資格、そして国家資格の一つとして認定されていますがその歴史について見てみると、これは本当に女性というものを蔑ろにしていたんだなぁとうことを深く痛感することになります。

まず古代では助産師のことを『取り上げ婆』などと呼んでいたそうです。女性軽視にもほどがありますね、女性がいるからこそ子供が誕生できるというのに、この呼称をつけた人はいかに女性に対して見下した視点を持っていたということを理解できると思います。ですがさすがにこの呼び方はまずいということになったのか、戦前頃には『産婆』に変わります。それでもまだどこか女性という地位が低いことを伺わせる歴史的背景を感じますね、そして戦後になると『助産婦』と呼ばれるようになります。戦後のこの呼び方に関しては聞き覚えのある人もいるかと思いますが、出産を手助けする女性達のことをしっかりとした視点でみるようになるまで相当時間が掛かったことになります。それまでは仕事として行なっていた人たちは呼ばれ方に関して快く思っていなかったでしょう。

その後2000年代にはいると、助産婦から『助産師』と変更が行なわれました。現代になれば女性を表現する言葉を表すのは差別的な意味合いを含んでいる、そういうことになるのかもしれませんね。ですが女性限定の仕事ということを考えても、別に『婦』という言葉を用いて何ら問題ないと思います。この先男性の助産師が誕生するというのはないと思いますし、専門的に行ないたいと考えている人も少ないのではないでしょうか。中には邪な気持ちを持って志望している人がいるかもしれませんが、命が掛かっている仕事の最中にそんなことを意識している時間などないでしょうしね。

現状、日本においては男性の助産師としての資格取得に関しては現行の法律では認められていません。当然ですね、妊娠している女性が自分の出産を担当してくれるのが男性医師というのは生理的嫌悪が生まれることは確実となります。それに出産する人の旦那さんも自分の奥さんを担当するのが男というのはいただけないでしょう。ここでも何かしら一悶着がおきそうですから、色々と面倒な事態になりそうです。

日本では男性の助産師は存在していませんが、アメリカやイギリス、オーストラリアでは男性の助産師が存在しているというのです。文化の違いでしょうかね、もしかしたら向こうの人からすれば男女関係なく、信頼できる医者に自分の子供を無事に誕生させてほしいと考えているのかもしれません。別に日本の制度が間違っているとは思わないですが、やはり女性のことを理解できるのは女性だと踏まえてのことかもしれません。一時期は確かに男性でも助産師としての資格を取得できるようにする動きがあったそうですが見送られたそうです。今後も議題に上がることがあるかもしれませんが、長い目から見ても男性の助産師が誕生する、というのは現実として考えるとありえないと思って良いでしょう。

独占業務を更に詳しく!

助産師の資格を取得するには

こちらの助産師の資格も独占的に業務を行なうことのできる業務となっています、そして医療関係の仕事でもありますから名称独占の色も含んでいます。そもそも産婦人科関係の看板がそこら中にあったら、どんな風俗店だよとドン引きしますが。とにかく、こちら助産師の四角も先に説明したとおり国家資格となっています。

受験するためには助産師を育成する専門学校に通って、そこでの勉強課程を終えることで試験を受験することが出来ます。専門的に養成することになりますから、基本的に合格率は高くなっています。一般で受験するというのは基本的に認められていません、必ず学校で在学して勉学として励んでいたことが第一条件となっています。きちんとした学校に通っていることはもちろんですが、在学してい多年月に関してもきちんとラインを引かれているので、それだけの月日で出産に関して勉強を行なっていないと受験資格を取得できないのでもしも助産師として活動することを念頭にしているのなら専門学校に通いましょう。

この助産師に関して言うなら、現在までに助産師としての人材の数に関しては増加の傾向にあるそうです。良いことですね、それだけ出産というものがどれほど素晴らしいことなのかを理解している女性が多いのかというを理解できます。女性は男性と比べたら性に関することについては特に知識を得ていますからね、いずれは自分が子供を産むことを考えて資格として取得して、自分以外の人の出産を手助けして行こうとする動きが強いのかもしれません。生命の誕生を支えることになる大事な仕事ですから、人手不足という事態に陥らないでほしいところです。