独占業務資格、
いくつ知っていますか?

資格取得お役立ち情報
品評などは軒並み最高と言われているけど、本当に仙台牛って美味しいの? そう思われる方も当然いるでしょう。 そこで肉のいとうでは初めて弊社の通販サービスをご利用される方限定で仙台牛 プレミアムセットを注文できるサービスをご用意しております。 食べたら最後、もう仙台牛しか食べられなくなってしまうかも!?

お天気予報を伝える人

気象予報士も独占業務資格

次に紹介する資格は、こちらは法律が改正したことによって資格として有することが必要だということが判明したことで、1994年から新たに国家資格として誕生した『気象予報士』です。アレです、ワイドショーなどでお天気情報を発信している人たちはみんなこの資格を有しています。資格を持っていないのに勝手に天気予報に関する情報を、確かな情報もなく分析した不利をして各章がない情報を提供をすれば犯罪行為になるということです。そんなに難しいような資格ではないという印象を持っていますが、試験自体はかなり困難でしょう。簡単に見てみると、中には予報業務として『大気の構造』や『大気の熱力学』といったことや、予報業務に関する専門知識として『観測の成果の利用』や『数値予報』といったことを知識として問われることになります。筆記試験のほかにも更に実技試験もありますから、軽く参考書を流し見するような程度の学習では確実に受かることはないでしょう。全体的な合格率がなんと一回の試験で4%という、極小単位となっています。司法試験並の難易度ということになりますね、これを受験しても一発合格するようなことをした人もいるのかもしれませんが、これだけの専門的な知識を有することは中々難しいのかもしれませんが、合格できたらやはり資格としてその後有効に利用できるでしょうね。

転職したい貴方へ

あすとびは随時更新中!日本全国の若い伝統職人達の暮らしぶりに密着します。世界に誇れる素晴らしい日本の伝統と技が、夢に向かって突き進む若い力が、大きな感動を生み出しています。

気象予報士として登録されている人の数

現在の日本において、気象予報士として登録されている人に関しては現在のところ『8,774人』となっています。結構多いですね、難問でもある試験にこれだけの試験を受かっている人を見てみるとほとんどの人が理工系に特化している人ばかりが取得しているのかと思いますが、そうでもないんです。なんとこの気象予報士の資格を取得している最年少の人は何と現在中学生だというんです。中学生が天気に関することを勉強して、しかもその試験を突破したというのは快挙でしょう。一体どれだけ勉強したんでしょうか、しかも専門的な勉強をまだ行なっていない小学生が、大気に関する専門的な勉強を積んで、その情報をきちんと理解してそれを表現できることに特化していたのしょう。純粋に才能として持っていたのかもしれませんが、気象庁としては基本的には誰でも気軽に受験してもらいたいといっています。

確かに天気を事前に読むことが出来たら何かと楽かもしれませんし、国家資格ですから就職先という面についても困ることはないかもしれないですから良いでしょうけど、それでも試験内容について相当難しいモノとなっているので、気軽に受けてくださいといわれて受けたいかどうかと聞かれたら、正直微妙なところでしょうね。試験内容は難しいことはさることながら、実務試験に関しても雲の動きを読む技術も必要になってきますから、簡単なことではないでしょうね。誰でも好きなように受験してくださいというのは良いことかもしれないですけど、試験問題が難関極まりないので二の足を踏むことは出来ないでしょう。一体何回受験して受かるまでにたどり着けるのかも見当がつきません、それまで払う受験料にしても安くないですから受けさせてそれだけ資金を回収しているような風にも見えますから、何だかよく出来ているなぁと思ってしまいます。

都道府県別に見る気象予報士の数

気象予報士の資格とは基本的に誰でも受験することができます。受験資格に関しては特別何も設けていないので、それこそ老若男女問わず誰でもこの気象予報士の資格を受験することが出来るのです。もしも受かればそれだけ仕事の幅が広くなって、何気に活躍することができるようになることもあるかもしれないですね。

そんな気象予報士として登録して活動している人が最も多い地域としては、これは順当に東京都となっています。その次に神奈川県となっていまして、千葉と埼玉、そして大阪、北海道に愛知、福岡と、主要都市に集中しています。求人ということになるとやはり大都市の方が需要があるでしょう。確かに国家資格として活用することが出来ますけど、見方によっては応用を利かせるには少し難しい資格の可能性もあるかもしれません。確かにテレビ局などで予報を伝えるお天気キャスターとして活動することも可能でしょうが、目立つことが嫌いな人からすればこんな公共の場での活動を求めているわけはないでしょう。都市部になればなるほど気象予報士の数もそれなりに必要とかんじている企業もあるのかもしれません。

独占業務を更に詳しく!

気象予報士の求人関係

希望的観測は捨てて現実を言いましょう。実際に気象予報士として活動していくことになると、その求人の少なさは他の職種と比べたら圧倒的に少ないといえます。この気象予報士として活動することになった場合、資格だけで生計が立てられるということはないのです。もしそのつもりなら自らが気象予報を業務として行なうための許可を取らなければなりません。でもそんなことをしても採算が取れなければほとんど意味がありません。

気象予報士として資格を取得することは確かにプラスで、大きな魅力を孕んでいますがこの資格だけで生活できるのかどうかということは全くの別問題となります。やっぱり現実は厳しいですね。求人に関してはほとんど希望を持って行動するよりかは、一つの資格として取得しておいて個人的に天気を読んでその後の習慣天気を自分で予測して生活の参考にする、そんな活用方法をするだけでも違うでしょう。合格率が低いだけに期待してしまいますが、実際に仕事ということになると求人は絶望的に少ないということをよく覚えておいてください。